1. シナリオ参加
  2. リプレイを読む
  3. マスター
  4. 連動シナリオ

凪池シリル (なぎいけしりる)

  1. 基本情報
  2. リプレイ一覧
作品数 最終更新日
63 2022年09月13日

プロフィール

■リリース予定■
白紙

■最近の一言■
しばらくお休みいたします。

■リリース内容情報■

■自己紹介■(基本的に固定・時々直します)

凪池シリルと申します。よろしくお願いします。
雑記を更新するので自己紹介もちょっと整理。

・全体的に
見ての通り一文が長文傾向、「描写系」「心情系」と言われる文章かと思われます。
ただ、その印象から感じるよりは判定についてはシステム、オープニングで設定したゲーム性の考慮がかっちりしてます。
それを踏まえて、凪池のシナリオをどう攻略するのがいいか、というと、その場その場での流動的判断の割合がかなり大きく、「どんなプレイングが刺さるかはプレイングを見てみるその瞬間まで分からん」という感じで、これが一概にうまく言えません。
結局、私としては「その場その場での判断」を納得して頂きかつ面白いと思われるリプレイを全力で仕上げるので、その辺から「こういう判断をするMSなんだな」ということを踏まえて、今後のご参加を判断ください、と。
つまり
「オープニングが気になったら入っていただき、リプレイで『よし』と思われたらまたお越しください」
これに尽きますね。

・アドリブについて
アドリブしなきゃいけないと思ってアドリブを入れようとはしてません。
つまり「思いつけば入れるしつかなければ入れない」、です。描写量は判定に沿った上での公平、を心掛けております。つまりアドリブが無ければその分プレイングの内容を丁寧に書くことで帳尻を合わせてるつもりです。
要するに必ずあるとは思わない方が良いけど、ある時にはあります。

・戦闘に同行するNPCについて
全体傾向と同様、「どういう動きするのかはプレイング見てみてどういう状況になるか次第」です。
なので、NPCの細かい動きを知ろうとする、決めようとすることに拘るより、PCで全体的にどう動くべきかという流れが大事です。
NPCはOPの描写やロール辺りからふわっと動きを予想して、その当てが少々外れてもどうにかなる、くらいの作戦立案をしていただくのが、そもそもNPCは物語的に主力になり得ないって意味でも丁度いい塩梅じゃないでしょうか。
NPCに何か指示することは「それも手段の一つ」であり、攻略上必須ではないとお考え下さい。
(勿論OP段階でNPCが露骨にピンチだったりしたら話は別ですが)
以上を踏まえ、「シナリオ開始段階では決まってない」「攻略上どうしても必要な情報とは思ってない」「公開することによる弊害もある」と言った理由で、「レベル/スキル/装備は公開しない」という方針をとっています。


■雑記■(基本書き散らかしです。予告なく内容が丸ごと入れ替わったりします)

えーと、凪池です。
元気です。
先日のご報告からご心配をおかけしたかと……したかな……した人いるかな……ワンチャンいると信じて……まずご報告いたしますが、体調の方は元気は元気です。
「体調の方は」「元気は元気」ってなんやねん。なーんか含みのある言い方だなって感じですが、はい。
体調に問題は無いんですが、前回リプレイお届けして一週間たちまして、いまだ新規OPが出せていない現状ですが。
何かって言うと、まあちょっとその……大きなスランプにド突入したっぽいです……。
まあこういう作業ですし、気分が乗らないときってのはそりゃあるんですが、一週間は流石に「いつものこと」では無いなということで、ちょっと一旦距離を置いてのクールタイムが必要だろうと判断いたしました。
まーこんななんというか、ある種かまってちゃんのようなこと言ってないで、黙って休んでしれっと書けるようになったら出せばいいんじゃ、とは思ったんですが、何分前回の報告が報告なだけに、黙って長期失踪するとそれはそれで別の心配をおかけしそうだなという気ががが。
まあ、最近ちょっといろいろ感じるところもありまして、丁度いいから、メンテナンスが必要なタイミングなのかな、と考えることにいたしました。
やりたいことがきちんと実現できているやり方なのか、自分の考える面白さが伝えられる表現になっているのか。
楽しんでもらえるシナリオ作りのために、アウトプットではなくインプットに集中して、その辺を研ぎなおしてみたく思います。
そんなわけで、しばらく、シナリオリリースをお休みさせていただきます。
いつまで、と、言われると、事情が事情だけにちょっとはっきり申し上げられないのが申し訳ないところではあるのですが。
というわけで、ご報告しつつ、ここで一度、これまでのご縁に感謝を述べたく思います。
ここまでシナリオに参加いただいた皆様、OPやリプレイをお読みくださってる皆さま、ありがとうございます。

ページ先頭へ

ページ先頭へ