柏木タクティクス(非連作・単発戦闘依頼) 突破阻止
柏木雄馬
Twitter
シナリオ形態
ショート
難易度
Hard
判定方法
エキスパート
参加制限
総合700以上
オプション
参加料金
100SC
参加人数
4人~8人
優先抽選
50SC
報酬
300 EXP
5000 GOLD
10 FAVOR
相談期間
3日
抽選締切
2022/06/24 10:30
プレイング締切
2022/06/27 10:30
リプレイ完成予定
2022/07/06
関連シナリオ
-
  1. オープニング
  2. 相談掲示板
  3. -
  4. -
  5. -

オープニング

 今、君たちは聖樹界『イルダーナフ』にいる。
 滅びの運命こそ回避したこの世界も、ようやく復興への道を進み始めたばかりであり、安定した状況にはまだまだほど遠い。
 例えば、ロス・テラス聖王国東部。かつて最初のロンデニオン要塞攻防戦が行われた際、魔王軍の侵攻路となったこの地域では、多くの町村が壊滅し、大勢が避難を余儀なくされた。聖樹戦争終結後は避難していた住民たちが戻り始め、少しずつだが復興が進んでいたが、群れから逸れた、或いは敢えてこの地に残った魔王軍残党が度々出没し、人々はその陰に怯えながら日々を過ごしている。
 魔法騎士団は地域に捜索騎兵を派遣し、警戒に当たっているが、守るべき地域は広大で、そして、人手は常に足りていない。
 外部の協力者、或いは、雇われ兵──咎人たちの出番だ。

 そういうわけで、改めて── 君たちは今、聖樹界にいる。救われた世界を再び訪れた理由は様々だったが、こうして一つの依頼の元に集った。
 派遣された先は聖王国領外縁部。東部辺境地域と呼ばれる場所だ。
 この辺りは元々、戦争の被害が少なく(魔王軍はロンデニオン要塞へ電撃的に侵攻する為、侵攻路以外の地域は殆ど無視していったからだ)、以前とほぼ変わらぬ暮らしを続けていたのだが、魔王軍が敗走して以降は、野盗化した敗残兵たちの襲撃に度々悩まされてきた。
「先日も、開拓村の一つが魔族に襲われ、住民たちが皆殺しにされました」
 今回の件の依頼主──村々の代表者たちが、魔王軍に対する様々な感情を、怒りや、憎しみや、悲しみや、恐れを込めて、到着したばかりの君たちに頭を下げて、賊の討伐を願い出る。
 君たちはその希望を受け入れた。その為に依頼を受け、ここまで来たからだ。
 君たちはすぐに調査に入り、直近に魔族に襲われたという村へ向かった。そして、見るも無残な有様となった残骸の中で、君たちはその痕跡を発見した。
 それは長さ50cm以上はあろうかという、巨大な人型の足跡だった。その深さから推察するに、重さは軽く600kgを越えている。
「トロル鬼だ……!」
 君たちに同行してきた村人が戦慄する。彼の説明によれば、そのデカさは見上げる程──家よりも大きな鬼であるという。醜いぶよぶよの身体をして如何にも鈍重そうだが、機敏。ただ歩くだけで森の木々を圧し倒し、腕の一振りで人や馬など粉々にしてしまうという。
「もっとも、おらもこの目で見た事ぁ無ぇ。おとぎ噺で聞いただけだども……」
 村人の話を聞いて、君たちはその『御伽噺』を自分たちの『常識』に変換した。そのトロル鬼というものの実在を疑うことはしない。なぜなら、自分たちの目の前に、こうして足跡が存在しているからだ。この足跡の主が本当にトロル鬼かどうかはさておき、それに類する存在がこの村を襲ったことは歴とした事実なのだから。
 ──『それ』の全長は、恐らく3m~4m。足跡から二足歩行は確定。或いは棍棒などの得物も使うかもしれない。巨体を支えられるだけの強靭な骨格と筋肉を、分厚い脂肪の『鎧』が覆っているのだろう。膂力も、打たれ強さもハンパなものではないはずだ。
 君たちは気を引き締めつつ、すぐにその『トロル鬼』の討伐に向かうことにした。なに、彼らの居場所を探るのは容易だ。この目立つ足跡を追っていけばいい。
 皆の復讐を誓いながら廃墟と化した村を抜け、馬で平地を走り、丘を迂回し、やがて小さな川へと到達する。
 魔族の襲撃者たちは、この川の中を上流、或いは下流へ向かうことで、足跡を残さず移動しようとしたらしい。が、君たちはすぐに、川沿いに生えた森の木々の、折れた枝を──トロルの移動の痕跡を見つけ、追跡を続行する。

 ……そうして襲撃者たちの足跡を追い続けた君たちは、森の中に拓かれた小さな集落跡に辿り着いた。
 恐らくは猟師か木こりたちが、長期の現場作業や宿泊に備えて設けられた施設群。しかし、今はもう、かつての主たちはどこにもおらず、賊と化した魔族たちが屯する場になってしまっていた。
 賊どもへの復讐を望む者がまた増えた。その願いを叶えるべく、君たちは綿密に……襲撃計画を練り上げた。

 夜は魔族の時間である。故に、襲撃は『夜討ち朝駆け』ならぬ『昼討ち夕駆け』とした。おやつの時間の襲撃だ。
 音も無く見張りを殺し、集落へと侵入し……元の持ち主たちが使っていたのであろう作業用の油を用いて、魔族が眠る複数の小屋に一斉に火をかける。
 賊は油断し切っていた。慌てて外へと飛び出して来た魔族たちを、君たちは次々と討ち取っていった。
 作戦は成功した。にも拘らず、君たちはその表情に焦りの色を強くした。なぜなら、肝心のトロルを一向に見掛けることがなかったからだ。
 集落内の全ての敵を討ち取った君たちは、すぐにトロルを探せ、と声を発した。すると、まるでその声に応えるように、集落の奥の方から、耳をつんざくような雄叫びが轟いた。
 慌ててそちらに駆けつけたところ、小さな丘の麓に空いた洞窟の前で、君たちが想像した通りの『トロル』が咆哮を上げていた。その周囲には他に複数の魔族──数人のゴブリン小鬼と、スタンディングウルフ(二足歩行の狼。人型の狼。狼人)もいた。
 恐らく、その巨体故に小屋には入れなかったトロルは、ここの洞窟を寝床にしていたのだろう。そして、どうにか君たちの目を逃れていた魔族たちがこの場に駆けつけ、寝ていたトロル鬼を叩き起こした──そんなところか。

 寝起きを襲われたトロルは機嫌が悪かった。その所為か、トロルの足下には潰れて血塗れになったゴブリンの死骸が転がっていた。
 そして、トロルは血の臭いに酔っていた。ヤツは君たちのことを見つけるや否や、言葉にならぬ雄叫びと共に突進して来た。他の生き残りの魔族たちは、そのトロルを先頭に押し立てる形で後に続いた。暴れるトロルに君たちの包囲を破らせ、そのどさくさに紛れてこの場から逃げ出すつもりに違いない。

 ……さあ、今回の戦いの正念場だ。
 魔族に突破されるわけにはいかない。『トロル』は何としてもこの場で討ち取らなければならない。逃せば、また無辜の民が襲われ、命を落とし、また誰かが悲嘆の涙を流すことになる。

 さあ、血塗れの剣を構え直し、呪文の詠唱を始めたまえ。
 君たちがこの凶悪な鬼どもを退治し、人々の無念を晴らすのだ。

成功条件

条件1敵全員の突破の阻止
条件2-
条件3-

大成功条件

条件1『トロル』の完全撃破
条件2-
条件3-

解 説

1.戦闘マップ

  ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ

1 △△森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森
2 △                   □□
3 △ ゴ          ★  □□      □□
4 △   狼         ★     
5 ● ゴ  ■■  =====★★==========
6 ●    ■■  =====★★==========
7 △  ゴ          ★       
8 △ ゴ 狼        ★  □□      □□
9 △                  □□
0 △△森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森

・敵            ・進入不可地形
 ■ :トロル(サイズ2)  △ :丘(切り立った崖)
 狼 :狼人         森 :深い森
 ゴ :ゴブリン       □ :燃え盛る小屋

☆=PC初期配置(各Sq1人ずつ)

=:道


2.敵

●『トロル』×1
 今回の強敵。詳細は本文も参照
 移動力2
 『シールド』なし(代わりに高い生命力)
 倒木を得物としている
 おつむはあまりよろしくない

・アクティブスキル
『ぶちかまし』、『ふっ飛ばし』
 いずれも範囲攻撃&対象を強制的に移動させる効果あり。抵抗可

・パッシブスキル
『重量突進』:直進時のみ、移動力の数値を二倍にする
『自動回復(中)』:ターン開始時、生命値が20%回復する(とある状態にする事で阻害可能)


●『狼人』×2
 外見はOP本文参照。攻撃手段は鋭い爪(二回攻撃スキルあり)と鋭い牙(追撃スキルあり)
 『シールド』あり
 回避高め
 移動力4
 『自動回復(小)』:回復量は10%(他同文)


●ゴブリン(ウルフライダー)×4
 ゴブリン小鬼の通常種。咎人に対する戦闘能力は持たない。故に逃げに徹しようとする
 『シールド』なし
 ダイアウルフ(狼)に騎乗している
 移動力6

マスターより

 こんにちは、柏木雄馬です。
 今回はご覧の通り、実験作。ネームドNPCも、語り部も、狂言回しも存在しないガチ戦闘ものです。
 ガチ戦闘ものなので、何ターン目に、どこで、どんな行動をするのか、明記をお願いします。位置はマップの絶対座標の他、仲間や敵を基点にした相対座標でも大丈夫です。行動についても、~の場合は○○、…の時は●●、と条件分岐OKです。
 突破阻止ものですが、神威の結界の中には『敵の範囲内の敵の移動停止を禁止』できても、通過自体は出来てしまうものもありますから、ご注意をー

 では、皆様、よろしくお付き合いいただけましたら、そして、楽しんでいただけましたら、幸いです。
 よろしくお願いします。

参加キャラクター

  • アナルデール・ウンディーニma0116
    人間種|女
  • 小山内・小鳥ma0062
    獣人種|女
  • 透夜ma0306
    機械種|男
  • 氷雨 累ma0467
    人間種|男
  • フィリア・フラテルニテma0193
    神魔種|女
リプレイ執筆中

ページ先頭へ

ページ先頭へ