光明の癒女と光竜、再び聖樹界に現る
ことね桃
Twitter
シナリオ形態
ショート
難易度
Very Hard
判定方法
エキスパート
参加制限
総合1300以上
オプション
  • 危険
  • EX
参加料金
150 SC
参加人数
5人~16人
優先抽選
50 SC
報酬
360 EXP
6,000 GOLD
12 FAVOR
相談期間
5日
抽選締切
2022/07/09 10:30
プレイング締切
2022/07/14 10:30
リプレイ完成予定
2022/08/02
関連シナリオ
  1. オープニング
  2. 相談掲示板
  3. -
  4. 結果
  5. リプレイ
危険
このシナリオは難易度が高く設定されています。
戦闘により大きなダメージを受けてしまった場合、キャラクターの基本設定が忘却状態になることがあります。
基本設定が4つ全て忘却状態になると、キャラクター自身が死亡状態となり、ログイン及びコンテンツへのアクセスが制限されます。
EXシナリオ
このシナリオはEXシナリオに設定されています。
参加料金が加算されていますが、リプレイの文字数が下限、上限共に2倍となります。

オープニング

●平穏なる地は我が居場所にあらず

「……困りました。咎人の方と争わずに済む地ならば、人助けもできると思っていたのですが……」
 蒐集衆のひとり、ジュリエット(mz0076)は鏡神界の夏の日差しのもとで深くため息を吐いた。
 邪神が直接的な介入をまだ行っていなかった頃、鏡神界の鉱山で行った『おまじない』。
 それはどうやら大きな過ちだったらしく、咎人達が鉱山に侵入し――せめて現地のモンスター達だけでも守ろうとしたものの、自分の力では守り切れなかった。
 そしてジュリエットの顔がどういうことがこの世界の街や学園の生徒達に知られており、誰もが彼女を見るだけで悲鳴を上げて逃げていく。
 これでは傷ついた人を助けることなどできない。
 ましてやついに邪神、いや、彼女にとっての『真なる神』はこの世界への介入を決めたようだ。
 それも先に鏡神界へ潜入していたベリトに指示を出したわけではなく、ダグラスという新顔の簒奪者を指導者として送り込んだというのだからまさに寝耳に水である。
(私はどうすればいいのでしょう。ダグラスさんには既に現地で子飼いとされた方々がいる様子。私を必要とされていない……。私には行動を自由とする権限こそあれど……何をすればよいのか……わかりません)
 もう、この世界でできることはないのかもしれない。
 そう考えて木陰で膝を抱えて涙を流したその時――大きな影が彼女を包み込んだ。
「……ザッハークさん……?」
「貴様がこの世界に行ったと聞いてな。……うむ。ここは誰もおらず、好都合だ」
 赤き龍人ことザッハークはそう言って静かに舞い降りる。その姿をジュリエットは悲しげに見上げた。
「そうなのです……。この世界ではどれほど賑わっていようとも、私が訪れるだけで皆さんが怯えて逃げ出してしまうのです。体調の悪い方や怪我をされた方の手当てだけでも、と申し上げても全く聞き入れていただけなく……」
「そうか……おそらくこの世界に何らかの手段で貴様のことを悪し様に伝えた者がいるのだろうな。癒し手として口惜しかろう。それならば再度、力を貸してもらえぬか?」
 ザッハークの瞳がまっすぐにジュリエットを見つめる。その真摯な光にジュリエットは黙って背筋を正した。
「私がお役に立てる場があるというのですか?」
「ああ。我は先頃妖鉄界に行っていたのだがな、どうも聖樹界がきな臭い。新たな魔王が現れたのはいいとして……奴はエリゴールと異なる異形の力を揮っていると聞く」
「異形の、力?」
「なんでも死者を蘇らせ、本能のままに荒ぶらせるという話でな。しかも死者はその身を完膚なきまでに砕くか、その身に受けた魔力を打ち消さぬかぎりは再生するという。どうだ、命を弄ぶこの力……貴様はどう思う?」
 ――この報告にそれまで悲しみに溺れていたジュリエットの顔から表情がすうっと消えた。
 まただ、とザッハークは顔を僅かに顰める。
「聖樹界から我々は手を引いてこそいるが、あの力は明らかに異様だ。聖樹神による破壊と同等の危険性を我は案じている」
「……」
「それと、だ。聖樹界に残っている簒奪者からの話だが……新たな魔王の調査に出た一団を追う形でダウバランから魔族の支援部隊が出たところ、運悪くその死体の群れと遭遇しかかっているという話でな。エリゴールと共闘とした身としては、奴が遺した者をむざむざ失わせるのは心苦しい。これは個人的な感傷だ。それでも力を貸してくれるか」
「……ええ。喜んで。魂なき器は存在してはならないものです。穢れた器を清き癒しで満たして……千々に砕いてみせましょう」
 澄んだ声はぞっとするほど冷たくて――ザッハークはジュリエットを背に乗せると、黙したまま転移先を目指した。


●死の香り漂う地にて

 あなた達咎人は魔王の根城である遺跡に向かう道のさなか、激しい剣戟の音を耳にした。
 どうやら10人ほどのオークがアンデッドと化した騎士や魔族と戦っているようだ。
「グッ、コノママデハ……」
「撤退スルカ!?」
「シカシ、奴ラノ足ハ速イ! ココデ倒シキル以外ニ我ラガ生キ延ビル道ハアルマイ!」
 彼らは懸命に抵抗するも乾坤一擲の一撃を剣で振り払われ、そのままシールドに深く刃を突き入れられる。
 放置すれば全滅は必至。あなた達は彼らをせめて逃げ延びさせねばと走り出した。
 ――と、その時。幾筋もの閃光が空から降り注ぐ。アンデッド達が僅かながら身を強張らせる中、ザッハークが不敵に笑った。
「……何とか間に合ったか」
 そして彼の背で人形のように表情なき女が囁く。
「ザッハークさんは高所からの支援を願います。あれらの刃は危ういですから。私は器を砕くことに全力を尽くしましょう」
 ふわり――羣青のドレスを纏った女が地に舞い降り、しなやかに腕を二度振るう。
 すると騎士型アンデッドの体が爆ぜ、砕けた血肉が吹き飛び、闇の欠片となって消えた。
「ジュリエット、ザッハーク!」
 息を呑むあなた達の前で群青の女が振り返る。
「全く……死者を弄ぶなど、つまらない悪戯は止めねばなりませんね。あなた達はこの先に行かねばならないのでしょう? ならばここは私達に任せて先にお行きなさい」
 これは――いつものジュリエットと違う。
 普段のジュリエットは力の使い方を間違っていようとも、慈悲深い手弱女だ。
 それなのに今は強烈な威圧感を纏い、アンデッドどもに氷のように冷たいまなざしを向けている。
 あれは聖樹神のもとへ向かうさなか、泥の騎士と対峙した時に見せた顔と同じものだ。
 しかし彼女とザッハークがいればアンデッドどもを止めることはできようが、数の不利は否定できない。
 オークを逃げ延びさせられるかは不明となれば……結局は戦うしかあるまい。
 あなた達は得物を構えると、心なきアンデッドの群れへ飛び掛かった。

成功条件

条件1オークを8体以上生存させて勝利する
条件2-
条件3-

大成功条件

条件1オークを10体(全員)生存させて勝利する
条件2-
条件3-

解 説

●目的
野良アンデッド軍団に運悪く襲撃されたオーク達を助ける。

●戦場
ダウバランから東側にある荒野。枯れた木立がある程度で、視界を完全に遮るようなものはない。

●敵情報
アンデッド騎士(剣)10体…パリィやカウンターを扱う手練れの剣士。カウンターが強烈なため油断禁物。魔法の槍も投げてくる。
アンデッド騎士(騎兵)7体…パリィを使う。カウンターはしてこないが、後衛まで一気に迫る脚力がある。自己強化能力あり。
アンデッド魔族(ゴブリン)12体…メイスでスマッシュやブレイクキルに似た技を使う。
アンデッド魔族(オーク)5体…大剣を持ち、範囲攻撃を行使する。
※本来ならば野良アンデッドは騎士対魔族という形で対立しているが、今回は生きているオークが縄張りに入ってきたため『同時に襲う』という形になってしまった模様。

●NPC情報
オーク…10体いる。リーダーと副官は口が利けるので指示を出せば従う。ただし部下の中には咎人やミンスクに反感を抱いている者もいるので注意。武器は大剣6人、弓4人。

ジュリエット…いつもの。でも殺意で漲っている分、テンションが低めで安定している。
いつも通りライフ直撃の波動と零距離波動、魔族に対しては効力を発揮する治癒魔法と強化術、包帯による拘束など使用可能。
意識混濁は心のないアンデッドに絶望を与えられないため、今回は使わない様子。

ザッハーク…敵にすると厄介、味方だと頼れる竜の兄貴。光による自己強化と爪による引き裂き、範囲攻撃レイン・オブ・ライトなどバラエティに富んだ戦法が可能。初期段階では12mほど上空からレイン・オブ・ライトを落としているが、指示を出せば内容によるが従ってくれることも。

●PL情報
今回のジュリエットには『ある2つの条件』を踏んでしまうと敵対する可能性があります。
アンデッドと同時にジュリエットと戦う状況は非常に危険ですので、ちょっと注意してみてください。

マスターより

いつも大変お世話になっております、ことねです。

今回は久しぶりのジュリエット参戦シナリオになります。
めんどくさいアンデッド軍団とめんどくさいジュリエットのコラボ……うーん、こってりしてますね。
プレイングによっては共闘しているはずのジュリエットが敵対することもありますのでご注意を。
でもオークにとっては修羅の地、魔族からの信頼を勝ち取るためにもご協力いただければとても嬉しいです。
なお、今回のシナリオの時期はグランドシナリオ「オルデナ・プリンセス」と重なっておりますが、
あちらに参加していらしても一切問題のないお話になっておりますのでご安心ください。
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

関連NPC

  • ジュリエットmz0076
    ?|女

参加キャラクター

  • 鈴東風姫ma0771
    神魔種|女
  • 高柳 京四郎ma0078
    人間種|男
  • アナルデール・ウンディーニma0116
    人間種|女
  • 天魔ma0247
    神魔種|男
  • シアンma0076
    人間種|男
  • 川澄 静ma0164
    精霊種|女
  • エルシア・アインホルンma1216
    異能種|女
  • マイナ・ミンターma0717
    人間種|女
  • 葉山 結梨ma1030
    人間種|女
  • 山神 水音ma0290
    精霊種|女
  • 白花 琥珀ma0119
    人間種|女
  • マリエルma0991
    機械種|女
  • 鳳・美夕ma0726
    人間種|女
リプレイ公開中

ページ先頭へ

ページ先頭へ