紫霧城~中庭の亡霊(01)
瀬川潮
Twitter
シナリオ形態
ショート
難易度
Normal
判定方法
カジュアル
参加制限
総合600以上
オプション
  • ハーフ
参加料金
50SC
参加人数
1人~1人
優先抽選
50SC
報酬
500 EXP
10000 GOLD
10 FAVOR
相談期間
1日
抽選締切
2022/08/06 10:30
プレイング締切
2022/08/07 10:30
リプレイ完成予定
2022/08/17
関連シナリオ
-
  1. オープニング
  2. -
  3. -
  4. 結果
  5. リプレイ
ハーフシナリオ
このシナリオはハーフシナリオに設定されています。
参加料金が半額となり、リプレイの文字数が下限、上限共に半分となります。

オープニング

 天獄界に新たに現れた浮遊島は、常に濃い霧に包まれていた。
「……視界は悪い時で店売りのアサルトライフルの射程程度、か。これじゃまだ普通の世界の夜の方がマシなんじゃねぇか?」
 イデアゲート設置班がそうぼやく。
 霧の色は白ではなく紫色。
 ゆえに魔法的なものと目されている。
「下手に明かりを灯すと乱反射してむしろ視界が悪くなるし」
「とはいえここから離れる奴は明かりをもっていけよ。遠くからでも居場所が分かる」
 とにかく神経を使いながらもイデアゲートを設置。橋頭堡を築いた。

「焚火をしても周囲の霧に変化はない……か。やはり自然現象じゃなく魔法的な物か?」
「探索班、到着したぞ!」
「よーし。こんだけ火を焚いて何もやって来るエネミーはいねぇんだ。問題なく探索できるだろ!」
「……一応聞いてたが、なんだこの濃霧は」
「足元、気をつけろよ! 注意を遠くにやっといて足元にトラップは常套手段だ!」
 とにかく人が増えてにぎやかになった。

 そして数時間後、周囲の捜索結果がまとめられる。
「ざっくり言うとまあ、周囲に脅威はなし。ここから離れた所に西洋風の城があり、おそらく無人。ただし、中庭に亡霊がいて遭遇すると強制的に城門前に戻される、という感じだ」
 捜索本部の本部長が説明する。
「お城の中も視界が悪いの?」
 捜索隊としてやって来たコクリ・コロン(mz0061)が確認する。
「ああ。先は見えにくいし相手は亡霊で音もなく近寄る。まずは亡霊を倒すか見つからずに中庭を突破したいものだな」
「うん。分かった。やってみる」
 潜入任務としてコクリが単独で侵入した。
 しかし。
「ダメ。本館正面扉の鍵が開かない。解錠できるか確かめてるうちに亡霊がきたんで倒したんだけど、倒した途端に城門前に戻されてた。行きに侵入した城門横通用口の扉は開かなかったんで戻って来たよ」
 コクリ、不思議そうに言う。なぜなら、行きは城門横通用口の鍵は開いていたからだ。
「魔法的なものが効いてるのか……?」
 本部長、唇を捩じ上げて考える。
 で、出した結論は。
「よし、力押しだ!」

 その後、6人パーティー三部隊編成の本気モードで突入したが、中庭でコクリ一人を残して全滅したという。
「やって来た戦力に応じて、城本館の窓から一斉に亡霊が出て来たんだよ。狂気か乗っ取りのバッドステータスで同士討ちもあったんじゃないかな?」
 戻ったコクリの報告だ。
「ありがとよ。……お嬢ちゃんを尾行につけといて正解だったな」
 本部長が深いため息と一緒に吐き出す。
「ボク……こんなに悔しかったことはないよ」
 隠れたままで、味方が次々と倒れていったのだ。
「分かってる。感謝してるよ。それに……死んだ奴も生き返るとはいえ、記憶を消されてるかもしれんな」
 実際、復帰した咎人は忘却までは免れたが、戦闘の記憶はなかったという。
「とにかく、三神からは調査を求められてるんだから続けるしかない。情報はここに書いていくぞ」
 本部長は壁のホワイトボードに【偵察情報】と書き、続けて箇条書きした。

【偵察情報】
・中庭まで侵入済み
・敵は霧に紛れる顔だけの亡霊で、見つかると城門前転移の魔法をかけてくる
・倒しても城門前転移の魔法が自動発動する
・一度城門前に戻されると、なぜか侵入口である城門横通用口の扉に鍵がかかる(魔法施錠)
・多人数で力押しするとヤバい亡霊が大挙して襲って来る

【探索目標】
壱)本館への侵入経路の確保
弐)城壁上部と四隅にある城壁塔の調査

「今後は単独の隠密調査に切り替える。目標は二点。【壱】として正面突破の方法を探る。【弐】としてそれ以外の調査だ。【壱】には陸戦隠密、【弐】には空戦隠密ができる人材を当てる。調査と合わせ一人一殺でじりじりやってくぞ」

 というわけで、紫霧城で探索と亡霊退治をしてくれる人、求ム。

成功条件

条件1亡霊一体を倒す
条件2-
条件3-

大成功条件

条件1探索が進捗する
条件2-
条件3-

解 説

 紫霧城に正面横通用口(なぜか前に立つと自動で開く!?)から単独で侵入し、中庭探索と亡霊一匹の退治をしてください。なお、隠密依頼なので大型の騎乗アイテムや悪目立ちする行動は失敗や状況の悪化を招くので注意が必要です。

※こちらのシナリオは探索目標【壱】対応です。自力で空を飛べない人も参加できます

◆敵
・亡霊一体
・青白い男性の頭部だけの空飛ぶ人魂のような存在です
・攻撃は、城門前への転移魔法(紫霧の影響で抵抗不可能)
・従って、見つかった場合は速攻で倒す必要があります
・倒しても自動発動で城門前転移魔法を食らいますが、一体数を減らした計算になり敵殲滅は進捗します

◆推奨行動
 本館の正面扉には鍵が掛かって開かないので……
・解錠するための方法を探る
・ほかの侵入経路を探す
 などが必要です。手掛かりが全くないのでいろいろ想定して動いて後の人のために情報を集めてください

※注意
・このシングルシナリオは共同達成型です。参加者の行動で物語が進展します
・誰が何度参加しても問題ありません。ただし、探索の結果はすべて探索本部に報告し共有されることになります
※城内での活動時間は敵の存在により短くなります!(少ないブレイング字数の演出のため)
・一度にすべてやろうとするのではなく段階を楽しんでください(ハーフ金額設定の理由)

◆今後の見込み
・一定数の亡霊を倒すと次の区画へ移行できます
・中庭での捜索が進むと別の区画へ移動できます
・【弐】の進展でも新たな区画を探索できるようになります

マスターより

 ふらっと、瀬川です。

 ショート一人用シナリオの連作【紫霧城(シムジョウ)】の開幕です。
 何度も突入して次へと進んでいくゲームなので、金額的にもハーフ設定が妥当かな、と。
 新たな試みですので需要に応じて頓挫するかもしれませんが、よろしくお願いします。

 では、【圧倒的不利な状況での危機感】を堪能してくださいませ(そういうホラーやサスペンスの雰囲気を楽しむシナリオです)。

関連NPC

  • コクリ・コロンmz0061
    人間種|女

参加キャラクター

  • 鳳・翼ma0424
    神魔種|女
リプレイ公開中

ページ先頭へ

ページ先頭へ