柏木単発戦闘シナリオ 『対人幻(プレーン)制圧戦』
柏木雄馬
Twitter
シナリオ形態
ショート
難易度
Hard
判定方法
エキスパート
参加制限
総合750以上
オプション
参加料金
100SC
参加人数
4人~8人
優先抽選
50SC
報酬
500 EXP
10000 GOLD
10 FAVOR
相談期間
3日
抽選締切
2022/08/15 10:30
プレイング締切
2022/08/18 10:30
リプレイ完成予定
2022/08/29
関連シナリオ
-
  1. オープニング
  2. 相談掲示板
  3. -
  4. 結果
  5. リプレイ

オープニング

 特異点が消失し、滅びの運命は回避された人幻界『テンペスト』── かの地は、しかし、未だ平穏とは程遠い情勢下にあった。
 世界中で『謎の生物』が出現するようになり、各地で人々や施設に対する破壊活動が行われる事件──『人幻事件』が頻発していたのだ。

 『人幻(サイコ・パス)』と名付けられたその謎生物の目的は(今シナリオ時点では)よく分かっていない(ものとします)。
 あるものはフラフラと幽霊の様に夜を彷徨い、またあるものは『目につくもの全て』を破壊し尽くした後、まるで台風一過の様に姿を消した。
 分かったことは、それが『消えゆく超能力の暴走』の一種であるらしいこと。あくまで『超能力の暴走』であり、超能力者の、ではなかったものの、人々は「やはり超能力者は危険」という認識を新たにし…… 人幻界は再び『天獄事件』以前の、超能力者と非能力者間の摩擦と軋轢が表出し始めようとしていた。

 そんな中、『煉獄』は引き続き咎人たちと協力し、『人幻事件』に対処する為、各地へ人員を派遣していた。
 潤沢とは言えない人的資源をどうにかやり繰りし、或いは自分たちのその行動こそが超能力者に対する『偏見』と『対立』を是正、あるいは緩和してくれるかもしれないと、淡い期待……は抱かぬまでも、今、自分たちに出来ることを、と信じて。

 ……だが、『人幻事件』は発生する場所を選ばない。元常夜地域においても発生する。いや、超能力者が多く存在する分、他の地域よりも多いかもしれない。
 予備人員として残っていた数少ない『煉獄』の超能力者たちは、人幻が域内で目撃される度に、都度対処していたが…… 元常夜はその人目が少ない。『超能力者は危険』と再び思われたことで、地域の復興が遅々として進んでいなかったからだ。
 結果、発生したものの目撃されずに見逃された人幻が、人目につかない裏路地や地下街などに滞留していき……『煉獄』が気付いた時には、自分たちの対処能力を超えた数が溢れ出て来る事態になっていた。

「まずいな」
 おっちゃんと呼ばれるような年齢の『煉獄』の超能力者が、偵察班から続々ともたらされる報告を地図に描き記しつつ眉をひそめた。
 目撃された人幻の殆どは『プレーン』と呼ばれる『量産型?』で、それ自体は『煉獄』の超能力者でも連携しての対処が可能なくらいの戦力だったが、今回はとにかく数が多かった。
 人幻たちは、とある地域から全方向へ向かって、まるで瓶をひっくり返したように広がっていく様子であり…… そして、奴らが向かう先には、未だ多くの避難民たちが残る『小学校キャンプ』がある。
「……まずいな」
 『煉獄』の超能力者が改めて呟いた。
 少しでも連中を足止めする為、先発させた即応部隊は、「これ以上の遅滞は困難」との報告を寄越し、増援の派遣か、でなければ撤退の許可を求めて来ていた。
 小学校キャンプは場所柄、子供たちとその親御さんたちが多く避難している場所だった。トウキョウを覆っていた『常夜』の結界も消え、ようやく子供たちにも『心からの笑顔』が増え始めたところだというのに……
 超能力者は逡巡した。指揮者として即応部隊に『非情』な命令を──死守命令を出すべきか、と。
 『常夜』のあった頃とは違って、今はキャンプの外に危険はほぼ無い。人々を他の場所へ避難させることも出来るし、もう指示も出してはいるが、キャンプの人々全ての避難を完了させるには、やはりもう少し時が要る……
「……」
 超能力者は無言で無線機のマイクを手に取った。そして、命令を発しようとしたまさにその時── 指揮所の天幕へ駈け込んで来た歩哨が、咎人たちの到着を報告したのだった。
「……でかしたぁ!」
 中年の超能力者は、先程まで発しようとしていたのとは別の指示を先遣部隊へと発した。
「これより咎人たちをそちらへ送る。もう少しだけ頑張ってくれ! まずは『小学校キャンプ』方面への人幻の流入阻止。その後、人幻たちの発生ポイント(『サイコフィールド』)を突き止める!」
 



●(『解説』から)

2.戦術マップ(1マス=10sq×10sq)

 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ列
a━╋━━━━┿━━━┯━━━┿━━╋━━━┯━━╋☆
b△┃  △・│▲▲▲├─┐△│△・┃△△△│  ┃
c△┃■ △・│  △│■└┐│△△┗┓■■│ ■┃
d△┃    │  △ △△└┼┐△△┃△△│ ■┃
e△┃△ △ │△  ↑  △│└──╂──┴┬─┨
f△┃△   │△  1  △└┐△△┗┓■■│△┃ 
g△┠ ←2 ┼─┐△    △│△△△▲■ │■┃
h▲┃△   ├─┼─┼ 3→ ┼───╂▲─┴┐┃
i ┃△ △▲ △│■│△  △│△△△┃△△△│┃
j■┃・  ・4 │▲│    │△△△┗┓△△└┨
k△┃△   ↓ │ │    │△△■△┃△■ ┃
l△┃△ ▲△ △│▲│△  ■└┐△・△┃△■ ┃
m─╂────┼▲┼─┼ 5→ ─┼───┸───┨
n■┃△   │▲▲△ △  △△│△・△ △△■┃
o■┃△ ■■│△│ 6 △ △ X △△  △△┃
p△┃△△  │△│ ↓・△  ▲│△△■▲■△■┃
q△┃▲┌─┬┘△│△  △  △├───────┨
r△┃△│△│△△│■│△ △ △│△△△ △■ ┃
s△┃■│△│△△│△│・▲・△■│■△△ △■ ┃
t━╋━┷━┿━━┿━┿━━┯━━┿━━━━━━━╋☆
u△┃△ △│■△│・▲■┌┘△△│    △△△┃
v△┃△ △│・・│△│△│△△△│小学校 △△△┃
w△┃△△△│△△│ │△│△┌─┤    △△△┃
x△┃△ △│・△│△│■│△│△│△△△ △△△┃
y─╂───┤■■├─┼─┴─┴─┼───────╂☆
z ☆   ☆  ☆ ☆     ☆       ☆



 ☆:PC初期配置

 小学校:『小学校キャンプ』。多数の家族連れが避難しており、現在、後方への退避準備中
 ━(罫線太):大通り(片側一車線)
 ─(罫線細):道路(一車線)
  (スペース):平地(遮蔽物なし)
 ・(中点):平地(瓦礫などの遮蔽物あり)
 ■:大きな建物(ビルや工場、商業施設。通行不能)
 △:住宅(人幻は通過不可。目標がいた場合は破壊)
 ▲:崩壊した建造物(瓦礫の山。通過は可能。高さ1sq)

 1~6:人幻(プレーン)の小集団。初期配置
 →(矢印):人幻初期移動方向

 X:先遣部隊、遅滞戦闘地点

成功条件

条件1人幻(プレーン)の『小学校キャンプ』への到達阻止
条件2-
条件3-

大成功条件

条件1+『所在不明=戦場離脱する敵を出さない』&『敵出現地点特定』
条件2-
条件3-

解 説

1.状況と目的
 シナリオの背景はOP本文の通り。
 PCは、人幻と戦闘中の『煉獄』に対する援軍として派遣された咎人の一人となります。
 各員、初期配置位置から一つを選び(重複可能)、状況に介入。
 小学校キャンプにいる避難民たちに被害が出ぬように行動しつつ、敵戦力を漸減し……
 可能ならば『全ての敵の撃破』と『敵出現位置(サイコフィールド)の特定』を目指してください。
 柏木分類『戦術系』+『戦闘系』。目的の達成を最優先としつつ、可能な限り多くの敵を撃破する事が目標となるシナリオです。


2.戦場
 元常夜エリア内、某所。無人の住宅地にある小学校(避難民キャンプ)とその周辺地域
 『戦術マップ』はOP本文を参照。


3.敵
 『煉獄』の偵察によれば、総勢70体以上の人幻(プレーン)。
 咎人であれば十分に対処可能な敵ではあるが、『シールド』を持つ上、今回はとにかく数が多い。
 ある程度の時間が経過するごとに、『サイコフィールド』から新たに1体ずつ出現する。

 以下、連動特設ページより抜粋

■人幻(プレーン)
サイコフィールドがら出現する人幻の一種。サイズ1。
最も多く確認されているいわゆる量産型。人型でつるつるした外見をしており、いわゆるのっぺらぼう的な外見。

殴る、蹴るなどの近接攻撃を主としつつ、「念力」のような能力を有する。
この念力はMアクション攻撃として遠く離れたものに魔法攻撃を行ったり、Rアクションの防御でも使用される。
パンチや念力で普通に人を殺せてしまうほどの威力がある。

その一方でさほど賢いとは言えず、とにかく手当たり次第に暴れているだけという印象も受ける。
サイコフィールドから出現後は人幻同士で連携するでもなく、同士討ちはしないくらいで、あとはとにかく適当に暴れている。
フィールドを閉じるまで無限に復活する。


4.『煉獄』の先遣部隊
 人幻プレーン6体と交戦中。
 そろそろ限界なので換わってあげてください。

マスターより

 そんなこんなで、今回は非連作・単発の戦闘依頼である柏木タクティクスとなりました。こんにちは、柏木雄馬です。
 というわけで、人幻(サイコ・パス)プレーンとサイコフィールドを題材にしてみました。量産型と言えば数だよ、兄貴! 数と言えば血と泥に塗れた防衛戦だよ! というイメージからこのような形となりました。
 とは言え、今回は歴戦の咎人であればスマートに対処できる敵ではありますが……何より数が多く、そして、守るべき者たちがいます。皆さんの力で並み居る敵を撃滅し、出現地点周辺の制圧してください。
 それでは、皆様、よろしくお願いします。

参加キャラクター

  • アナルデール・ウンディーニma0116
    人間種|女
  • 透夜ma0306
    機械種|男
  • フィリア・フラテルニテma0193
    神魔種|女
  • 小山内・小鳥ma0062
    獣人種|女
  • 氷雨 累ma0467
    人間種|男
リプレイ公開中

ページ先頭へ

ページ先頭へ