水面うつ茅花流しの旅路かな
ことね桃
Twitter
シナリオ形態
イベント
難易度
Easy
判定方法
カジュアル
参加制限
総合600以上
オプション
参加料金
50SC
参加人数
10人~24人
優先抽選
30SC
報酬
80 EXP
2000 GOLD
4 FAVOR
相談期間
3日
抽選締切
2021/06/24 10:30
プレイング締切
2021/06/27 10:30
リプレイ完成予定
2021/07/13
関連シナリオ
-
  1. オープニング
  2. -
  3. -
  4. 結果
  5. リプレイ

オープニング

●風流したい子犬ちゃん

 先ごろ流刑街でリニューアルオープンした『喫茶店 フローラの宝箱』。
 店主のステラ・フローライト(mz0035)は調理だけでなく、アイドルとしてステージ出演もこなす忙しい日々を送っていた。
 だが――そんなある日、ステラが小さくため息をつく。
「……ふう。おきゃくさんがふえたのはうれしいの。でもまいにちいそがしいと、おうたをつくるじかんがたりないかんじ……」
 そう。ステラは悩んでいた。咎人は神に仕える身という点を除けば、戦のない平穏な日には自由を謳歌することができる。
 しかしステラは『咎人に元気を与えたい』と一念発起し、喫茶店の店主という一国一城の主になったのだから責任重大だ。
 今日も店に次々と訪れる咎人に笑顔と自慢の料理を提供し、店内に設置したステージに立つアーティストのアシストにも精を出していたのだから休む暇もない。
(んー……あるばいとさんにきてもらうのもありだけど、みんなそれぞれとがびとさんのおしごともあるもんね。どうしよう……)
 空になった鍋をごしごし洗いながら考え込むステラ。
 と、そこに――依頼帰りの咎人が紅茶のカップを傾けながら談笑する声が聞こえてきた。
「今日の浮遊島の探索、のんびりしていて楽しかったわ」
「あ、生き残りの獣に襲われるとかそういうのはなかったんだ?」
「ん、一応小動物はいたけれど襲い掛かってくるような子はいなかったわね。新緑の季節そのままで……雨が降っていたから全部まわるのは無理だったけれど、時間をおいて晴れた日に見回りに行きたいかなって思ってる。綺麗な湖もあってね、雰囲気も良かったのよ」
 ――その会話にステラの手が止まった。
 まだ探索途中の島なら依頼として出向くことができる。しかも開放的な環境でのびのびと時間を過ごすことも……。
 忙しい日常から少し離れることで、新しい歌の題材が見つかるかもしれない。そう思うと彼女はいてもたってもいられなくなった。
 洗いたての皿をがちゃりとかごに移し、すぐさま踏み台から飛び降りる。
「ね、ねえ。おねえさん。そのしまのこと……すてらにおしえてくれる?」
 楽しそうに会話するふたりへもじもじと話しかけるステラ。
 すると咎人達は良い話し相手が来たとばかりに、笑顔で彼女をテーブルの席にと招き入れるのだった。


●傘の花、雨の花、くるくる

「うわぁ、とってもきれいなしまなの!」
 件の浮遊島にあなた達を誘って意気揚々と訪れたステラは満面の笑みを浮かべた。
 自然豊かな島は淡く水に彩られ、緑の香りがやわらかく漂っている。
 一方、ステラは桃色の長靴に白地の小花柄のレインコートを着ており本物のぬいぐるみのような装いをしていた。
 生憎この島にはまだ小雨が降り続いているものの、すぐにびしょ濡れになってるほどの強雨ではないことは幸いと言えよう。
 傘やレインコートのような雨具さえ持っていれば身体を冷やすこともないのだから。
 もっとも、今回ステラの誘いを断り切れずに連れて来られたフリーデリーケ・カレンベルク(mz0022)は肌も露わな姿。
 筋骨隆々とした肩を小さく震わせ、マントを羽織りながら周囲を見回すばかりだったが……。
 そんな彼女の様子に気づくことなく、ステラは目を輝かせながら手作りの地図をあなた達の前で広げてみせた。
「えっとね、このしまにはみずうみがあってたくさんのおさかなさんがいるんですって。だからつりをしてもたのしいかもしれないよっておしえてもらったの。あとここはみはらしのいいおやま! とりさんもあそびにくるっていってたよ!」
 地図には先行者である咎人の手も加わっているのか、細やかな説明も加えられている。
 そこで早速ステラは自分用の地図に書き込んだピンクの丸を指さしながら、あなた達へおすすめのポイントを伝え始めた。
「そしてそしてここにはおっきなきがあって……ねっこのほうにおおきなうろがあるから、そこであまやどりするのもいいかもねっていってたよ! うふふ、すてらはあっちこっちあるいて、たくさんおはなをみたりとかね、どうぶつさんとかけっこしたり、おやまにのぼっておっきなこえでおうたをうたったりしたいなっておもってるの! あとねあとね、できれば……おそらがはれたらにじもみたいな!」
 ステラはそう言うと地図の写しをあなた達に配った。できればみんなとあいたいな、と呟きながら。
「うふふ、それじゃいってきますなの。みんなもきょうはいっぱいたのしんでね!」
 こうしてステラはくるりと身を翻し――獣道をてててっと走っていった。
 さて、あなた達はどう過ごそうかと顔を見合わせる。
 しとしと降る雨の中で物思いに耽るもよし。
 雨の中での自然との触れ合いを楽しむもよし。
 咎人として初めて訪れた島の記録に励むもよし。
 夕暮れまでのひととき、あなたはどのような時間を過ごされますか……?

成功条件

条件1雨の島を楽しむ
条件2-
条件3-

大成功条件

条件1雨の島ならではの幸せを見つける
条件2-
条件3-

解 説

目的
 今回はフリーアタックシナリオです。
 小雨の降る島で午前10時頃~午後5時頃までのんびり過ごしてください。


目的地概要

 小雨が降り続ける浮遊島(直径3km程度の然程広くはない円形の島)。
 シナリオの期間中は大雨が降ることはなく、心地よい雨音が心を癒すように響いています。

 島の北部には大樹があり、一般的な体形の人間種が5人程度まで入れる洞があります。
 また、岩石の洞窟もいくつかあるので雨宿りするには十分でしょう。

 島南部には湖があり、魚が棲んでいるようです。
 事前調査では骨が荒いものの一般の川魚同様に淡白な味わいで美味とのことなので
 調理に挑戦してもよいかもしれません。
 山のふもとで岩がせり出して屋根上になっている区画があるので、バーベキューも可能です。

 島の西側には山があり、見晴らしがよいです。
 夕方に運よく晴れれば煌く雲海と東側に美しい虹を見ることができるかもしれません。

 なお事前調査により敵性生物がいないことは確認されておりますので武装する必要はありません。
 お友達やカップルでのんびりと散策するのもおすすめです。
 (お相手がいる場合は必ず同行者名をご記入ください。明記されていない場合はリプレイに反映できない可能性があります)


登場NPC(基本的に一切絡まなくても成功度には関わりません)

 ステラ:今日はちょっぴり心を育てる日にしたいようです。
     でもやっぱり誰かと楽しい時間を過ごせることが何よりもハッピー!
     お声掛けいただけましたらきっと大喜びで同行することでしょう。
 フリーデ:ステラに誘われてホイホイやってきちゃった女戦士。いつもの革鎧で来たので寒い模様。
     単独行動をとる際は岩陰でシリアスに過去へと想いを馳せます。
     もしお声をかけていただけましたら同行しますので、お気軽にどうぞ。

マスターより

いつも大変お世話になっております、ことねです。

今回は何でもない島で何でもない時をのんびり過ごす物語です。
イルダーナフ、テンペストと異世界が激しい動向をみせる昨今ですが、
たまにはこんなゆったりした時間を過ごされてもよいのではないでしょうか。

咎人さんのこころひとつでシリアスにもハートフルにもなり得る物語です。
もしよろしければお気軽にお立ち寄りくださいませ。

関連NPC

  • フリーデリーケ・カレンベルクmz0022
    人間種|女
  • ステラ・フローライトmz0035
    精霊種|女

参加キャラクター

  • 佐藤 桜歌ma0034
    人間種|女
  • マイナ・ミンターma0717
    人間種|女
  • トイ・ルーマンma0629
    獣人種|男
  • シトロンma0285
    異能種|女
  • 極楽 鳥花ma0455
    獣人種|男
  • 七掛 二夜ma0071
    獣人種|女
  • アルマma0638
    精霊種|男
  • 吉良川 奏ma0912
    人間種|女
  • 吉良川 鳴ma0910
    人間種|男
  • テオ・デュークローma0639
    獣人種|男
  • 魅朱ma0599
    剛力種|女
  • 高柳 京四郎ma0078
    人間種|男
  • セヴィーナma0817
    神魔種|女
  • ヤナギ・エイヴァリーma0816
    獣人種|男
  • 紅緒ma0215
    剛力種|女
  • 藍紗ma0229
    剛力種|女
  • 銀火ma0736
    剛力種|女
  • 梵天ma0721
    妖精種|不明
  • 久志利ma0369
    精霊種|女
  • 草薙胡桃ma0042
    神魔種|女
  • 白花 琥珀ma0119
    人間種|女
  • シア・ショコロールma0522
    人間種|男
  • マリエルma0991
    機械種|女
  • 相澤 椛ma0277
    人間種|女
リプレイ公開中

ページ先頭へ

ページ先頭へ