まれびとの顔 ~司祭暗殺~
三田村 薫
Twitter
シナリオ形態
ショート
難易度
Hard
判定方法
エキスパート
参加制限
総合800以上
オプション
  • 危険
参加料金
100SC
参加人数
8人~16人
優先抽選
50SC
報酬
200 EXP
5000 GOLD
10 FAVOR
相談期間
5日
抽選締切
2021/10/15 10:30
プレイング締切
2021/10/20 10:30
リプレイ完成予定
2021/11/08
関連シナリオ
  1. オープニング
  2. 相談掲示板
  3. -
  4. -
  5. -
危険
このシナリオは難易度が高く設定されています。
戦闘により大きなダメージを受けてしまった場合、キャラクターの基本設定が忘却状態になることがあります。
基本設定が4つ全て忘却状態になると、キャラクター自身が死亡状態となり、ログイン及びコンテンツへのアクセスが制限されます。

オープニング


「は? 司祭暗殺?」
 百燭(mz0074)は相棒のC.J.(mz0075)の言葉に目をぱちぱちと瞬かせた。
「そ。マウゼル修道会はまだ騎士ほど咎人と馴染んでいない。聖樹界の人間は信仰に依ってるから、司祭が敵に回ったとなったら咎人の説得力が落ちると思うんだよ」
「いや、でも自分たちを助けるために戦ってる咎人をそんな簡単に見限る?」
 百燭にはこれと言った信仰がないので、ピンとこない。
「咎人は現地のケニングを、修道会の許可なく使っている……まあ、実際どう言うやりとりがあったかは知らないよ。でも、他の教会でちょっと探りを入れたところ、聖職者は皆知らないんだよね。総本山からそう言う通達もないみたい。だから、司祭が咎人との関わりの中で死亡した、と言うところを見せれば分断が狙えるんじゃないかなって思ってね」
 俺の相方、性格が悪い……。
「で、でも、復活者って許可がないと……」
「何で僕が勝手にそんなことやると思ってんだよ。アラタと邪神に話は通してるに決まってるだろ。と言う事で、君は先に教会に行っててくれ。僕は面が割れてる。多分、邪魔が入ると思うんだよね。後から行くから、もしやれそうなら司祭を弱らせてくれても良い。手を下すのは僕がやるから。今回できなくても良いし。いくら治癒のケニングって言ったってそう簡単に怪我は治らないでしょ」
「うん……でも、お前、現地人に手を出さないんじゃ……」
「そりゃ咎人のモチベが上がっちゃうからね。今回は『咎人のモチベが上がる』事実含めて利用できそうだからやるんだよ。そうだ、オリーヴにも来てもらおう。教会丸ごと皆殺しにしても良いし」
 蒐集衆・オリーヴィア(mz0071)。先日、咎人の戦いで命を落としたが、本人の感覚だと「気が付いたら死んでいました」という感じで、あんまり堪えていないらしい。結界を使われたことは覚えている。彼女の攻撃力を減衰する神威の存在はCJも確認しているので、まあ何かされたら距離を取って敵の時間切れまで待てば良いんじゃなかろうかと思っている。
「テラスみたいに大鎌を投げたらどうだ?」
 氷堂(mz0055)アラタの何気ない一言に、ぽんと手を打っていたのを、百燭は知っている。


 この町で死んだ男が、青白い女と一緒に周辺をうろついている。その知らせを受けて、グスターヴァス司祭の教会へ交流のために来ていたエリオたちは顔を見合わせた。一人は、この町にも類似人物がいたと言う簒奪者CJだろう。CJにそっくりの男性はすでに埋葬も終わっているそうだ。青白い女はオリーヴィアか。
「なあ、この前、魔王やテラス神は復活者だって言ってたよな?」
 修道士の一人、エドワードが何かピンと来た様にエリオを見る。
「うん。それがどうかしたかね?」
「要するに、象徴的な存在を手駒にしてるってことだろ?」
 今度は司祭を見上げた。
「だったら、咎人と関わって、かつ修道会にコネがあるうちの司祭も復活者にしようとするって言うのは、向こうにとって合理的? 俺の身内贔屓かね?」
 全員の間に衝撃が走った。グスターヴァスの立場がどうというよりも、司祭と言う社会的な地位を持つ者が魔人側に付く、というのは、聖樹界の人間にとっては衝撃的であることだろう。あるいは冒涜か。
「可能性はある。迎撃しよう。オリーヴィアまで来られたら防衛も難しい。前回は倒せたが、向こうも同じポカを何度もするとは思えないからね」
 エリオは肯いた。それから、はたと思い出した様に、
「そう言えば、彼、人幻界では相棒の女の子がいなかったかな? 百燭だったか。彼女は同行しないのかな?」
 簒奪者百燭。人魂を侍らせ、都市伝説の様な振る舞いをする少女簒奪者だ。彼女のメイン活動場所は人幻界で、今のところ聖樹界には出ていないようだが……。
「いや、念のため、何人かこちらに待機してくれ。私たちはとりあえずCJの様子を見に行く」
「俺も行くよ」
 エドワードが申し出たのを、エリオは押しとどめた。
「駄目だ。CJは現地の人間に手加減をするが、一緒にいるオリーヴィアは容赦がない。君に何かあったら、私は司祭様に顔向けができない。年寄りの小言と思ってくれて良いから、君もここに残ってくれ。魔人は私たちが死んでも追い返す」

 話に聞いた方角にエリオたちが向かっていくと、青白い馬と赤毛の馬に乗った男女が見えた。オリーヴィア、そしてCJだ。
「おっと、耳が早いな」
 CJが笑う。オリーヴィアはすっと目を細めると……エリオに向かって大鎌を投げた!
「む!」
 咄嗟に盾で受け止める。威力も精度も斬撃には劣るが、突き刺すような攻撃は、斬撃にのみ対応すれば良かった今までの対策に穴を開けかねない。オリーヴィアが即座に迫り、鎌を回収する。そのままエリオを袈裟懸けに斬った。
「ぐ……!」
 シールドが破損する。更にもう一撃。リカバリストが頑丈とは言え、これは堪えた。
「しぶといな」
 銃声が轟く。CJだ。弾丸が更にイデアを抉ってくる。
(これは……ちょっと危険かもしれないな……)
 改めて、死と……今度こそ忘却を覚悟しつつ、エリオは盾を持ち直した。


 簒奪者百燭は首尾良く教会への侵入を果たしていた。司祭はどうやら動揺して聖堂に閉じこもっているらしい。
(死亡フラグかよ……)
 こう言うときに一人になるのが一番まずいのに。咎人たちはあちこちに散らばっているようだ。少女簒奪者はダンビラを引きずって聖堂のドアを開ける。長椅子に座って頭を垂れている金髪が見えた。
(しかし、弱らせておけって言っても、ここでおっ始めたら普通に咎人にバレるよな……)
 とりあえず、人魂は呼び出しておく。さて、どう仕掛けたものか……と思案したその時、
「司祭様、やっぱり今一人になるのは危険で……」
 聖堂のドアが開いた。真面目そうで、ハンサムの部類に入る、メイスを持った修道士が百燭を見つけて絶句していた。
「魔人だ!」
 彼は即座に大声を出した。長椅子の司祭も振り返る。彼もまた、特注であろう槌頭の大きなメイスを持って険しい顔をしている。脳筋かよ。修道士の声を聞いて、咎人たちが駆けつけてきた。百燭も更に人魂を増やす。
「その様子だと、私の目的はわかってるみたいだね。まあその通りなんだけど。悪いけどそこのおじさんには死んでもらうよ!」
「私が魔人如きに簡単に屈するとお思いとは、笑止千万ですね。なんでも、魔人は果ててもまた復活するとか? ちょっとやってみましょうか?」
「えっ」
 聖職者ってこんなに殺意高いの??? 百燭は僅かに及び腰になる。しかし、引くわけにもいかない。ダンビラを構えて、相手を見据えた。

成功条件

条件1司祭、修道士の防衛
条件2簒奪者の撃退
条件3-

大成功条件

条件1簒奪者2人以上の討伐
条件2-
条件3-

選択肢

選択肢1司祭防衛 現在の人数6
選択肢2簒奪者合流阻止 現在の人数9

解 説

●概要
※選択肢1.司祭防衛(Hard・総合800以上)
聖堂に侵入した百燭を追い返します。
こちらには暗殺の対象たるグスターヴァス(百花騎士)、司祭ほどの戦闘力を持たない修道士3名が戦闘に参加しており、彼らを防衛、または連携する必要があります。

百燭は闇属性魔法攻撃、人魂の召喚、ロングアクションの範囲攻撃、ダンビラによる斬撃を用いる他、スキルの補正をマイナスに変えるデバフ(PL情報)があります。なおロングアクション妨害を条件としたスキルも持ちます。行動権は複数あります。
人魂(6体スタート)はフォローガード的な動きで百燭をかばい、近接攻撃をしてもされても強度2、ライフ-20の継続ダメージを負います。
百燭は暗殺そのものはCJたちに任せたいため合流を待っていますが、それまでに司祭の体力を削っておきたいと思っています。

※選択肢2.簒奪者合流阻止(VeryHard・総合1,000以上推奨・危険)
百燭との合流、及び司祭暗殺を目指すCJとオリーヴィアを追い返します。この選択肢を失敗すると選択肢1の難易度が上がります。

オリーヴィアは回避不能の前方横3スクエアの攻撃、ロングアクションによる回避半減の範囲攻撃、複数の行動権を活かした連撃を行ないます(斬)。また、大鎌を投擲(射撃・突)する攻撃も使用します。移動力が高い上、あらゆる移動への制限(BS、ZOC、エンゲージ)を受けにくく、占有スクエアの影響を受けない性質です。コンクエストとは能力が異なります。

CJは射撃と近接に適性を持ち、同時3体への攻撃、命中低下攻撃、リアクションでの反撃、サブアクションでの攻撃バフ、Fアクション封印の範囲スキル(PL情報)を用います。複数の行動権あり。
2人ともこれまでに見たスキルなどに対しては、反応が前回までと異なることでしょう。

こちらではエリオ(リカバリスト)が同行しています。

いずれも巻き込む一般人等はいません。

マスターより

こんにちは三田村です。
選択肢2の何が危険って、ライフがゼロの相手に追い討ちを掛けることを躊躇わないCJがいることです。
PL情報があちこちに挟まっていますがよろしくお願いします。
ご参加お待ちしています。

関連NPC

  • オリーヴィアmz0071
    ?|女
  • 百燭mz0074
    ?|女

参加キャラクター

  • 鐵夜行ma0206
    剛力種|女
  • アナルデール・ウンディーニma0116
    人間種|女
  • ケイウスma0700
    神魔種|男
  • 川澄 静ma0164
    精霊種|女
  • シアンma0076
    人間種|男
  • ザウラク=L・M・Ama0640
    機械種|男
  • リナリア・レンギンma0974
    人間種|女
  • ユーグヴェル・ミラma0623
    異能種|男
  • 氷鏡 六花ma0360
    精霊種|女
  • 伊吹 瑠那ma0278
    剛力種|女
  • 火存 歌女ma0388
    機械種|女
  • 麻生 遊夜ma0279
    機械種|男
  • 鈴鳴 響ma0317
    神魔種|女
  • 高柳 京四郎ma0078
    人間種|男
  • 水無瀬 遮那ma0103
    精霊種|男
リプレイ執筆中

ページ先頭へ

ページ先頭へ