正月明けの喚の氏族にて
久遠由純
Twitter
シナリオ形態
ショート
難易度
Normal
判定方法
エキスパート
参加制限
総合600以上
オプション
参加料金
100SC
参加人数
4人~8人
優先抽選
50SC
報酬
300 EXP
5000 GOLD
10 FAVOR
相談期間
3日
抽選締切
2022/01/16 10:30
プレイング締切
2022/01/19 10:30
リプレイ完成予定
2022/02/01
関連シナリオ
-
  1. オープニング
  2. 相談掲示板
  3. -
  4. 結果
  5. リプレイ

オープニング

●喚の氏族の年明け
 アヤカシと呼ばれる人々が住み、強い者が天下を取るという、「戦い」が生活の中心にある妖鉄界――。

 人間種の咎人JJ(じぇいじぇい)ことジャスティ・ジャッジが、再びこの地を訪れていた。
 赤みがかった茶髪と光が当たると金に見える緑の目の持ち主JJは、頼まれれば大抵のことはやる『何でも屋』みたいなことをしている。
 本名こそ正義感の塊のようだが実際の正義感は人並みで、どちらかというと自分の中の正義に忠実な、基本至ってユルく陽気な青年だ。
 この間各地を遊牧しながら暮らしている喚(がなり)の氏族と対面をし、咎人と言う存在を友好的に受け入れてもらえたため、次の段階の『喚の氏族の滞在する場所にイデアゲートを設置させて欲しい』という交渉をしに来た。
 今回は交渉が上手くいけばすぐにでもイデアゲートを設置できるように、ゲート管理官も同行している。それから、移動中に敵と遭遇した場合に備えて数人の仲間も一緒だ。
 ゲートさえ設置できれば、喚の氏族の移動に伴って周辺の調査が可能になるし、彼らがデミウルゴスやら鉄騎などと戦ったりする際すぐに駆けつけることができるだろう。

 幸い道中何事もなく喚の氏族の集落に辿り着いたJJ達は、頭領であるアトラのゲルで早速話を進めていた。
「――というわけで、イデアゲートは俺達咎人にしか使えないけど便利な物なんだ。だから、喚の氏族が移動する先々でどこか適当な場所に設置させてもらえないかな?」
 一通りイデアゲートについて、アトラに説明し終えたJJ。
 JJ達の目の前に堂々とした風格で座っているアトラは、身長が2メートル以上ある体格の良い中年の男で、後ろにざっと流した黒髪は長く、所々赤や青の毛束の筋が何本も見える。
「ふうむ!」
 本人はちょっとつぶやいただけのつもりだろうが、室内の誰にでも聞こえるほどの声量だ。
 彼ら『喚の氏族』というのは大きな声が特徴という氏族ゆえに、自然と普段から大声なのだ。その大声は戦闘にも活かされていて、彼ら独自の技の域まで磨かれている。
 身体的には、腕の肘から先や足の膝から下が恐竜のような質感と色をしているというのが特徴だ。実際アトラの手足も肘と膝から先は鱗状になっていて、色も肌色から青緑に、黒光りした爪も長くて鋭く、いざという時はそのまま武器になるだろう。
 だが氏族としては小規模なので、他の氏族からの浪人や剣客も来る者拒まずで受け入れている。そういう性質の氏族だから、『咎人』を受け入れやすかったのかもしれない。
「ま、いいんじゃねぇか!? 皆で話し合った結果、おめぇさんらの頼みを聞いてやってもいいってことになったし、そのイデアゲートってのは別に我らに何か危害を加えるモンでもなさそうだしな!」
「やった、ありがとうアトラさん!」

 場所は林の中の水場にある、氏族の備蓄や道具をしまっている小屋の辺りが良いだろうと話がまとまると、ゲート管理官は氏族の案内人と共にゲート設置に向かった。

●正月気分で
「あ、そうだ」
 と何かを思い出したJJは、自分の荷物の中から二本の徳利を取り出した。
「おっ、酒じゃねぇか!」
 目ざとく見つけたアトラが、オレンジ色の目を無邪気に輝かせた。
 正月が明けたばかりで、集落内もまだお気楽な雰囲気が漂っている。
「途中村に寄ったらさ、ちょうど正月の名残で色々売ってて、アトラさんの土産にどうかなと思って買ったんだ。イデアゲートの設置を許可してくれたお礼も兼ねて、どーぞ」
「おお、すまねぇな!! ありがたく頂くとしよう! こりゃ『雨後の蕗』か、蕗の氏族の酒だな!」
 アトラはJJから遠慮なく徳利を貰い、傍に置いてあった椀に注いでぐいと飲む。
「んむ、キレのある辛口! 相変わらず上品な味わいだ! 美味い!!」
 見た目に違わず酒好きなのだろう、アトラは二杯、三杯と椀を空けていく。
 遊牧の氏族であるアトラ達にはあまり飲むことのできない酒なので、久しぶりの味にアトラはあっという間に上機嫌になった。
 そこへ、喚の氏族の若者二人と女性が一人、アトラのゲルに入って来る。若者二人はこの間集落の見張りをしていた、カマラとコリトだ。
「お頭、咎人との話が終わったって聞いたんで――あっ、一人で美味そうな酒飲んでズルい!!」
「ちっ、見つかっちまったか! 仕方ねえ、こっちの徳利はおめぇらで分けて飲め!」
「やりぃ!!」
 ぽんと放られた徳利をコリトが受け取り、
「それはそれとして、俺ら咎人に話があって来たんすよ!」
 カマラが咎人達の傍に胡坐をかいて座ると、コリトも女性も一緒になって座った。
「悪いな、ジェイジェイ! ちとウチの若いモンの話、聞いてやってくれや!」
 アトラは面白そうな顔をしてカマラ達を見ている。
「はあ、まあ構わないけど……」
「それじゃ、あのですね! 実は俺らと手合わせしてもらえねぇかと思いまして!」
「この間の鉄騎との戦い、すげーと思ったんす!! だからぜひ! 俺らも咎人みてーに強くなりたいんす!!」
 がばと頭を下げる若者二人。
 その横で、女性は
「アタシは違うよ。アタシは女達の代表で来たんだけど、咎人さんと一緒にお話したいと思ってねぇ。まだ正月用の食べ物も残ってるし、どぉだい? 咎人はどういう正月を送るのかとか、聞きたいねぇ」

 彼らの話を聞いたアトラは、膝を叩いた。
「いいじゃねぇか! おめぇさんら咎人は、まだ我らの戦い方を知らねぇだろう!? ジェイジェイ、こいつらと手合わせしてやってくれ!! そうだな、体勢を崩して片膝付いたらそいつはそこまでって決まりでどうだ!? 全員でなくてもいいぞ、他の咎人は女達と話してやってくれ!」
「片膝付いたら――シールドブレイクってことか。まあ、それならそう危険じゃなさそうだし、イデアゲートOKしてもらったしな。今後も世話になるし、これくらいはやるか。それじゃ、どうする皆?」
 JJはカマラ達の提案を受け入れ、誰が手合わせをするか仲間の皆に聞くのだった。

成功条件

条件1カマラやコリトと手合わせをする
条件2女性達と話す
条件3-

大成功条件

条件1PCが誰もシールドブレイクしない
条件2女性達との会話を楽しむ
条件3-

解 説

※喚の氏族の若者達と手合わせしたり、女性達とお話したりしよう。
※相談用にエキスパートで出していますが、戦闘も女性達との会話もカジュアルルールで判定します。

〈喚の氏族の若者×2~4 サイズ1 知性3〉
・身長は皆2m以上、ガタイもいい。
・意外と俊敏。どちらかと言うと回避型で、近接攻撃の威力が高め。
・主な攻撃
 手甲剣や手甲爪で斬る通常攻撃の他、以下のスキルを使う。
 カマラ:『強制停止』 大声で「止まれ!!」と叫び、範囲内の全員がそこから移動できなくなるBS「移動不可」を付与する。射程5 範囲(4) 強度3
 コリト:『強制麻痺』 大声で「痺れろ!!」と叫び、範囲内の全員の体を痺れさせ、サブアクションタイミングに行動できなくなるBS「麻痺」を付与する。射程5 範囲(4) 強度3
 他二人:『強制低下』 大声で「遅くなれ!!」や「脆くなれ!!」と叫び、範囲内の全員の回避や防御の値を30下げるBS「能力低下」を付与する。射程4 範囲(3) 強度3

※シールドブレイクしたらその人は終了になります。それ以上の攻撃は反則です。
※手合わせはアトラや氏族の男達が見物するでしょう。
※手合わせするPCが二人か三人の場合はサポート役でJJも参加し、喚の氏族はカマラとコリトだけになります。4人以上いる場合はJJは参加せず、喚の氏族も4人になります。

〈女性達との会話〉
・女性達の集まるゲルで、お正月用の特製焼き豚、伊達巻、豆きんとん、餅などを食べながら、お正月をどう過ごしたのか、お正月の思い出などを話しましょう。
・自分達が持って来た食べ物を振る舞うことも可能です。が、天獄界からの持ち込みは咎人が天獄界へ戻ると一緒に戻ってしまうというシステムなので、注意が必要です。(戻る前に食べてしまえばOK)

※最低二人は手合わせに回っていただければと思います。

マスターより

こんにちは、久遠由純です。

ヤルダバオト喚(がなり)の氏族、前回からの続きです。
今回は、喚の氏族の戦い方を咎人に知ってもらおうという感じのシナリオになっています。

文中に出て来たお酒「雨後の蕗」は、蕗の氏族を扱ってらっしゃる瀬川MSが考案されたもので、今回許可を頂き使わせてもらいました。

一応戦闘シナリオですがギチギチの戦闘ではないですし、参加者全員が戦わなくてもいいことになっていますので、喚の氏族の所に遊びに来るみたいな感覚で参加してもらえたらな、と思います。

よろしくお願いします。

参加キャラクター

  • レジオール・V=ミシュリエルma0715
    剛力種|女
  • 麻生 遊夜ma0279
    機械種|男
  • ザウラク=L・M・Ama0640
    機械種|男
  • リナリア・レンギンma0974
    人間種|女
  • 鈴鳴 響ma0317
    神魔種|女
  • アナルデール・ウンディーニma0116
    人間種|女
リプレイ公開中

ページ先頭へ

ページ先頭へ